医療脱毛より脱毛サロンに行った方が良い理由

女性の日頃の週間として行われる事があるのがムダ毛処理や肌のケアです。
特にムダ毛処理の手間は強く、人によって違うが生えるのが早い人は毎日お風呂同時にムダ毛を処理している、なんて方も少なくないでしょう。

そこで医療機関などで脱毛を行う方も多くなり医療の技術の発展により、昔と比べて手軽に脱毛を行える様になったのと、脱毛サロンや脱毛エステといった専門で取り扱う店舗も増加の一途をたどっています。

しかし、脱毛自体は非常に需要があるものの、肌へのダメージの懸念から肌が弱い人には医療脱毛は敷居の高く中々足を運ぶ事が出来ません。そこで肌を気にする場合、通常脱毛を行う際に通う医療脱毛より脱毛サロンで通った方が良いとされています。

なぜ脱毛サロンの方が良いのか?というと、まず医療脱毛と脱毛サロンで取り扱っている脱毛器が違います。
医療脱毛ではレーザー脱毛器といったレーザーを毛穴に直接あてる事で毛根を破壊して脱毛する方法がメインとなっていて、脱毛自体の効果は期待できますが肌へのダメージが強く場合によってはやけどをしてしまう可能性もある為、肌が弱いとそれだけリスクがある事も考えられます。

脱毛サロンの場合、レーザー脱毛ではなく光脱毛器というレーザー脱毛器よりはパワーが低いが効果を実感できる様な脱毛器を使用しています。というのもレーザー脱毛器自体は医師の常勤がある医療機関でないと使用は認められておらず、脱毛サロン等の医師がいない店舗では取り扱っていません。

そのため脱毛サロンでレーザー脱毛と言えば光脱毛を指す事になります。光脱毛はレーザーではなく光を照射して毛の中にあるメラミン色素の成長を止めて脱毛する方法です。

レーザーの場合は破壊して脱毛するのに対して光脱毛はあくまで成長を止める役割を担う為、レーザー脱毛に比べて通う回数が増えてしまいますが、光自体は肌に優しく美肌効果も期待できるため人気の脱毛方法と言えます。

また、脱毛サロンは脱毛の後アフターサービスがしっかりしていて、通う回数が多いのを手間と考えるのではなく、通う事によって肌のケアも行う事が出来るので、肌を気にする女性に嬉しいサービスを提供しています。

早めに脱毛を終わらせたいなら医療脱毛、脱毛にプラス肌のケアをしたい方には脱毛サロンと女性のムダ毛や肌に合わせる事が出来ます。

なので肌を気にする女性なら長い目で見て肌のケアも出来る脱毛サロンがおススメの脱毛方法と言えるでしょう。